はまっこ通信

あたごはま保育園からのお知らせや給食室からのお便りをご覧いただけます。

はまっこ通信一覧

2024.02.09 給食室より
らいおん組クッキング

らいおん組のお友達がクッキングを行いました。今回はピザトースト作りに挑戦!自分の好きな具材をのせたオリジナルのピザトーストを作りました。自分で作ったおやつはさらに美味しかったようですぐに食べ終えていました。ご家庭でも簡単に出来るメニューですので、一緒に作ってみてはいかがでしょうか。

2024.01.20 はまっこ通信
お悩み相談

子ども達と一緒に給食を食べていると、あるお子さんから「鬼が怖いからどうしたらいいか」「その日は保育園を休みたい」との相談がありました。どうやら節分の鬼の事のようです。鬼と聞くと周りの子ども達も興味津々で会話に入ってきます。「う~ん、怖いものは怖いよね・・・どうしたらいいかな」「怖いのはしょうがないから、鬼に負けないくらい強くなればいいんじゃない」「でも、どうしたら強くなれるかな」と会話が進んでいきます。子ども達からは、「豆を投げる」「臭い骨を置く(やいかがしのことらしい)」「ご飯をたくさん食べる!」「お風呂にちゃんと入る」「歯を磨く」「自分で着替える」等いろいろな意見が出て、もしかしたら普段お家の方から言われていること?と何とも愛らしいのですが、子ども達は真剣です。あたごはま保育園の豆まきは、新聞紙で丸めた豆を作り、それに自分の中から追い出したい「泣き虫鬼」「おこりんぼう鬼」「なまけ鬼」「いじわる鬼」etc を書いて鬼に投げ、自分の中の鬼を追い出します。そのような話をしながら給食を食べていると、相談したお子さんが、いつもは残してしまう野菜のマリネを完食していました。節分を前に子ども達の鬼との戦いが始まっているようですが、このお子さんはすでに鬼に1勝したようです。

2024.01.05 給食室より
春の七草

 今日のおやつは、七草がゆでした。

 春の七草と野菜がたっぷり入ったおかゆを、皆で今年一年の健康を願って美味しくいただきました。

2023.12.28 お知らせ
おせちにこめられたねがい

 楽しいクリスマスも終わり、「もう いくつねたら おしょうがつ~」と子ども達のかわいい歌声が聞こえてきます。歌の通り2023年も年の瀬になりました。つつがなく毎日を過ごせたのも皆様のご協力の賜と感謝申し上げます。さて、新年を迎えるのはどことなく厳かで澄み渡る雰囲気の中、身が引き締まる想いがします。そういう想いは何歳くらいから、感じるのでしょうか。一つに「おせち」があるのではないかと思います。お正月は新年の年神様を迎える行事です。「おせち」は年神様と一緒にいただく料理で、五穀豊穣・子孫繁栄・家内安全・無病息災・長寿などの祈りが込められています。そういえば、私も年の瀬に台所で煮炊きをしている母の傍で、おせちに込められた願いを聞いた記憶があります。そんな話を聞きながらお正月は、新年の挨拶とともに年神様をお迎えし新しい一年が始まる厳かな日という想いが育ったのでしょう・・・。今は、おせちも手軽に用意できる時代になりました。「おせち」を食べながら、込められた意味を子ども達に伝えることで、幸せを願う気持ちや愛情を感じ、かけがえのない子ども達の思い出になることでしょう。皆様も良いお年をお迎えください。

              (添付絵本:福音館書店こどものとも年中向き1月号「おせち」より)

2023.12.12 お知らせ
年末の交通安全教室キャンペーン

福岡市西区役所防災・安全安心室からの依頼を受けて、あたごはま保育園の5歳児が交通安全をテーマに絵を描きました。制作については、DVDを視聴し交通安全について理解を深め子どもたちなりに交通安全の大切さを感じたようでした。年末の忙しい時期、事故の加害者にも被害者にもならないよう気を付けていきたいですね。12月12日(火)~12月22日(金)まで木の葉モール橋本店のセンターコートに子ども達の絵が展示してありますので、是非子ども達のメッセージを見に足をお運びいただければ幸いです。何かと慌ただしい師走ですが笑顔で新年を迎えたいですね。

2023.11.22 お知らせ
サルの目撃情報

本日朝8時半過ぎ、あたごはま保育園の近くでサルの目撃情報がありました。それに伴い今日は残念ながら終日外遊びは控え、室内で過ごしました。熊など日本各地で野生動物による被害が出ていますが、サルの目撃情報が、あたごはま保育園の近くであったのは今年2回目です。環境の変化からか動物の行動範囲も変化してきたのでしょうか。かと言って、子ども達の大好きな外遊びを止めることはできない。今後外遊びの際には職員が笛を携帯しサル等が出た場合は笛を鳴らして周りに知らせ速やかに子ども達を屋内の避難させる措置を取りたいと思います。火災訓練や地震訓練、不審者訓練に加え、野生動物訓練も今後の避難訓練に加えていかなければならないようです。                         ≪注意事項≫ ・サルを威嚇したり追いかけたりしないこと ・大声で脅したり見つめたりしないこと ・いきなり走って逃げたり、エサを与えたりしないこと ・危険を感じたら、最寄りの区役所又は警察署にご連絡ください。                             

2023.11.16 お知らせ
焼き芋大会

朝から炭焼きのにおいが園庭に立ち込めています。そう!今日は子ども達が待ちに待った焼き芋大会!       昨日から子ども達の期待度はマックスです。朝、園庭に出ると子ども達はさつまいもを洗い、アルミホイルで包みます。それをいい具合に火が落ち着いた炭火の上に並べてほっかほっかの焼き芋が出来上がるのを首をなが~くして待っている子ども達です。しばらくするといい匂いがしてきました。もうすぐ焼き上がる!のサインです。焼き上がったさつまいもをハフハフしながら美味しそうにほおばっています。子ども達の幸せそうな顔に幸せをもらう秋の風物詩の焼き芋大会です。

2023.11.15 お知らせ
七五三参拝「七つ前は神のうち」

七五三参拝に、3・4・5歳児の子ども達が園の近くの住吉神社に行きました。七五三の由来は「子ども達の健やかな成長を祈願すること」は広く知られていますが、「七つ前は神のうち」という民間信仰に基づく考え方があるそうです。子どもは七歳までは神に属する存在でわがままや非礼があってもバチが当たらないが、魂が定まっていないためいつ亡くなってもおかしくないとされていたとか。そこで子どもの三歳・五歳・七歳の節目に神様に子どもの成長を感謝し、これからの健やかな成長を祈願しました。この古の人々の子どもに対する想いに触れ、改めて子は宝なのだと思いました。七五三参拝の途中では ‘七つ前の神たち` が無邪気に派出所前にいたお巡りさんに話しかけていました。